teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:100/512 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

珠紫(たまむらさき)

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 7月13日(木)06時32分34秒
  通報 返信・引用 編集済
  珠紫は今まで見た富貴蘭の中の花で、一番きれいで可愛くて美しい花だと思います。


















きれいなので毎日毎日デジカメしていますw

(珠紫は「朱紅丸」と仮名が付けられていますので、珠紫は勝手名です)

花だけがきれいでも納得できない私には、葉姿も重要ポイントなので、珠紫こそは現状の夢風蘭として今のところ最上級です。

今後は玉金剛や青海型の木姿で三蝶咲きの芸を移植して欲しいですね。そしてさらにはこの珠紫の花色を、その三蝶咲きにも移植したら派手で賑やかな三蝶咲きの花となるでしょう。

その上としてはこの珠紫に富嶽柄の移植や、白縞芸なども期待できます。そうなれば赤縞花の出現も視野に入ってきます。

もともと洋蘭原種から園芸の世界に入った私なのですが、洋蘭原種でも花が良ければ何でもではなくて、私にとって第一に大事なのがその風貌です。草体そのものが見られるかという東洋思想で洋蘭原種を集めて栽培していたのです。

洋蘭原種に拘ったのは純粋種だからでもあります。

若気の至りというのかなんだか交配種は各が落ちると思っていたことがあります。

これは一種のアクアリスト的性質も強いのかなと思います。アクアリストの水草屋は、どこどこ産ってワイルド的な種に拘り、自然の採取品を好む傾向があります。もうかなりの過去ですが20年アクアリストでした。

それらのこだわりは今はバルダリウム関係に強くあるみたいで、園芸種をなんとなく遠ざけてる感じがしますけど、価格的にも求めやすく完成した園芸種を利用しない手はないのです。

交配種は、けったいな草にン千円ン万円と払うよりもはるかに美しいのですが、そのけったいな草を手に入れるってのが、未熟な幼児性の純粋種=処女性のこだわりとも言えます。

自分にもそのこだわりが強かったのです。が、今は個体個体の良さだけで判断しますので、実生だろうが交配だろうが、まず姿形が良くて美しければ何でもいらっしゃいに変節してしまいましたです、はい(爆)
 
 
》記事一覧表示

新着順:100/512 《前のページ | 次のページ》
/512