teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


!珍品!【モンステラ・ドゥビア】

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)20時11分21秒
返信・引用
  Monstera dubia モンステラ・ドゥビアは南米パナマ等に自生するとのことです。

茎も葉もピタット板に貼り付き着生して平面的に生育します。

2m 位に成長すると普通に見るモンステラの葉に変身するとのことです。平面的な方が趣がありますが、立体的になった葉がどうなるのか見てみたい気もします。

サトイモ科の蔓植物です。ヘゴなどに絡ませても良いですし、吊り鉢作りにしても趣があります。またビバリウムなどの利用も素敵です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u147461694

 
 

サトイモ科蔓植物三兄弟

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時25分42秒
返信・引用
  ポトス・ライムとマーブルにオキシカルディウム斑入

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u147321802

 

タイリントキソウ覆輪縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時24分17秒
返信・引用
  上部で花もやや細便のカトレアみたいな花でとても美しトキソウの覆輪縞です。

今年はこの個体が最後です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u147190779
 

山芋斑入りの上柄

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時22分28秒
返信・引用
  山芋斑入りです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u147190735

 

アジアンタム 白斑入り

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時20分54秒
返信・引用
  ホウライシダ(アジアンタム)の白散り斑です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b260696161

 

レックスベゴニア・アークティックブリーズ

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時19分28秒
返信・引用
  入手時はノーネーム(札落ち)でしたが【アークティックブリーズ】かと思います。ビバリウムに入れても素敵です。素材苗です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h268604577

 

レックスベゴニア・エスカルゴ

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時17分50秒
返信・引用
  入手時はノーネーム(札落ち)でしたが【エスカルゴ】かと思います。ビバリウムに入れても素敵です。素材苗です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l394407454

 

ビバリウム系

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時15分34秒
返信・引用
  赤葉系はピレア・インボルクラタ Pilea involucrata です。

青葉に銀色斑はホムセンでもおなじみのピレア・カディエレ Pilea cadierei (アルミニュームプラント)です。

アサバソウはベトナム(東南アジア熱帯雨林気候区)原産です。イラクサ科ミズ属(ピレア属)の常緑多年草です。挿し穂で発根はしていると思いますが、よしんば発根していなくても挿しておけば発根します。ビバリウムなどに最適です。素材苗です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/247670974

 

新羅

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時13分45秒
返信・引用
  小苗ですが芸は特上です。

新羅は富貴蘭界に現れた新芸の貴重な品種です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x490750291

 

墨景(仮名)

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時12分10秒
返信・引用
  日を強く採ると、松葉タンニン風の墨がたくさん出て汚な奇麗な感じでひきつけるものがあります。
縞芸はまだ少ないです。

参考画像


参考画像



小苗ですが貴重な品種です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j436804981

 

墨桜

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時09分6秒
返信・引用
  日を強く採ると、松葉タンニン風の墨がたくさん出て汚な奇麗な感じでひきつけるものがあります。

親子共に縞芸が良いです。

アマミフウラン韓国実生系ですがフウラン寄りの姿で風情もあります。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n215785608

 

Re: 桜吹雪

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)20時52分1秒
返信・引用
  > No.377[元記事へ]

今年は花芽がまだ出てこないので、開花するかどうかは分かりませんけど、たぶん今年の花芽はないと思います。

二枚目画像は仔に太縞が出てきています。縞といってもメリハリのない、ああ縞ですねと言うだけの縞ですけど、それでも芸的には凄いと思います。花と縞で二芸品なのだ!

三枚目画像で矢印の個体をヤフオクに出品してみました。

入札があれば割ってお届けと言う横着な出品です(^^;)

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q159646554

 

桜吹雪

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)20時48分15秒
返信・引用
  2015年に開花した桜吹雪です。

入手は2012-3年かなと思います。
初花が咲いた状態での入手です。

交配相手が一茎種っぽいので一本立ちのまま殖えないかと思っていましたけど、殖えてくれました。
 

今年は猛暑予想?

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)17時13分42秒
返信・引用 編集済
  今年の夏は猛暑予想であるそうな。

しかしながら今年は2月までは随分と暖かかったけど、3月からは気温がそれほど上がらないで寒い感じでした。山野草の出芽も遅く、富貴蘭の動きも悪い感じです。

これから夏は猛暑予想であれば富貴蘭にとってはこの上ない限り嬉ことでしょう。こういった都市は野外での作が一番良い出来になります。ですが、ちゃんと遮光ネットを一枚かけ足してやることをお忘れなく。

富貴蘭は熱いのは嫌いではないですけど、太陽の厳しい熱線はミズゴケの上に出た根を焼き殺したり、葉に故障を起こさせたりしますので、その対処としては事前に遮光ネットを一枚増やすことです。

個人的な事ですが、最近肉食男子(実際は男子でなくて肉食爺w)やっています。八王子にもいきなりステーキ店がやってきていますし、ペッパーランチ店も最近開店しました。

いきなりステーキ店は新宿で食べたときにあまりに酷い出来のステーキでしたのでそれ以来行っていません。女房などはその時にステーキで歯が欠けて、未だ歯医者通いが終わっていない始末です。

よくあんなまずいいきなりステーキ店が本場アメリカに出店すると聞いて、あの時の極まずステーキはたまたまだったのかなと思い直して今度は行ってみようと思いつつ八王子のいきなりステーキの店にはまだ行っていません。

昨日は八王子駅近くにできたペッパーランチで300gのステーキを食べてきました。ライスなしのステーキだけです。めちゃ美味しいわけではないけどそれなりにいただけるお肉です。

登山の帰りにうかい鳥山で食べたヒレステーキコースとは段違いですが、もともと名前は牛肉でも同じ物じゃないので比べる方が無理があるという物です。お値段もうかい鳥山の方は、ペッパーランチの300gステーキなら10枚食べられちゃう金額です。

うかい鳥山のステーキコースは無理だけど、ペッパーランチでの300gステーキで猛暑を乗り切るように、ヤフオク出品でステーキ代程度稼ぐように頑張りましょう(^O^)/
 

タイリントキソウ覆輪縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)09時36分14秒
返信・引用
  タイリントキソウ覆輪縞二回目出品です。

覆輪縞が暴れてくると、中透け等を産みます。中透けが生まれるのはそんなめずらしいことではないけど、もっと斑が暴れないと難しいです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m204568978

 

ポトス

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)09時33分34秒
返信・引用
  ビバリウムに使っていたポトスを少し整理しまして寄せ植えです。

普通のポトスの斑とはちょっと違っていて面白いかなと思います。以前D2でこんな風に寄せ植えになっていたのを購入しましたけど、品種名などはなかったので不明です。

植えつけたばかりでまだ発根していない軸もありますが、丈夫ですから問題はないと思います。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o187612339
 

イチョウの縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)09時30分29秒
返信・引用
  イチョウの縞です。

とてもきれいな縞です。

覆輪も作っていますが、覆輪の方は少し後冴えなのでこれからから斑がはっきりしてきたら紹介します。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m204567734
 

不二冠

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 6月 1日(木)09時28分34秒
返信・引用
  夏ごろから牡丹芸を表す不二冠です。

全斑幽霊タイプの牡丹芸ですから、きれいなルビー根を見せます。
また仔芽の時に糸紺覆をかけて出てくることがあり、花の蕾異はその糸紺覆の模様が出て、花にも薄く緑覆輪状の花が咲きます。

蕾や花は、長生蘭の三冠王の花によく似ています。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h267914333
 

Re: 熱川温泉

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月30日(火)20時41分13秒
返信・引用 編集済
  翌日は大室山にリフトで登ってきました。

大室山は登山は禁止の山のようです。

大室山は富士山と同じ独立峰の山のようです。高尾山より若干低い山ですが、4000年の昔には溶岩をたくさん吐き出してこの辺一帯を作った山だそうです。


大室山は飯を山盛りに持ったような姿で樹木が生えていませんので、山に芝生を張ったような感じの山です。木が生えないのは信仰の山でもあり年一度山焼きをしているそうです。

噴火口の周りが20分で散策できるコースとなっていてなかなかにいいところです。樹林帯の中を7時間もただ歩くだけで眺望もない山と違って楽しい山です。天気は夏でしたけど、ガスっているので富士山がカスかに部分的に見えた程度でした。

大室山から一碧湖に走らせて、一碧湖の散策道4Kmをのんびり散策してから帰ってきました。一色湖には鰭の長いロングフィン鯉が二匹もいました。ロングフィン鯉を初めて見たので、ちょっとびっくりしました。
 

Re: 熱川温泉

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月30日(火)20時33分14秒
返信・引用
  天城山のシャクナゲは見事でした。

ただシャクナゲがなかったら、樹林帯の中を休憩を入れて7時間歩くだけで、ほぼ眺望がほぼ無いのでつまらなかったです。
 

熱川温泉

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月30日(火)07時06分30秒
返信・引用
  昨日は天城山登山してきました。

万二郎岳から万三郎岳にかけて、シャクナゲが豪勢に咲き乱れていました。

天城山は樹林帯の中の登山で、シャクナゲがなかったら、休憩を入れて7時間ただ歩くだけの登山で眺望もよろしくないです。それでも、百名山なのでハイカーが多くやって来るようです。

登山を終えて、熱川で一泊して朝を迎えたところです。これから観光をして帰宅します。
 

ブラシノキ

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月25日(木)17時42分55秒
返信・引用
  登山に行くので新しい登山靴の慣らし履きをしている。

そのため段歩に出かけてきれいな花を見つけた。

いったい何という植物なのかわからなかったので、グーグルで画像検索をしたところオーストラリア全域からニューカレドニアに30種成育するブラシノキというのがありました。

画像検索で得られたが画像の多くの花は下垂しているのでそちらはどうやらシダレハナマキ Callistemon viminalis のようで、私がデジカメしたのは Callistemon speciosus でブラシノキと言われるもののようです。

鮮やかな色合いできれいなものです。

ハナマキという和名は花がきれいで木の葉が槙のような葉をしているからハナマキと名付けられているようです。ブラシノキは比較的寒さにも強いようで庭植えに出来るということです。

近くにこんなめずらしい植物を栽培しているお宅があるとはびっくりでした。
 

アマドコロ萱場錦

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月24日(水)19時08分10秒
返信・引用
  萱場錦は4年ほど前は5-6千円以上もしてなかなか落札できなかった品種です。

アマドコロの中でも大覆輪で美しい品種です。

その憧れだった萱場錦が手に入りました。

手に入れてみたけど、あれほど欲しかった品種の感激は無く、鉢植えのママ管理も面倒に思えて家庭菜園の端に植えこんでみました。

価格が安くなると関心も薄くなるって、困ったもんです(^^;)
 

だて巻の日?

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月24日(水)09時06分28秒
返信・引用 編集済
  今日は「だて巻の日」だそうである。

あの卵焼きのだて巻である。

お財布携帯でもあるアクオス機種変をしたので、アクオスに擬似的人工知能ともいえる「エモパー」というのがあり、そのエモパーがいろいろなネットで拾った情報を携帯軽い振動などが加わった時などにその情報を勝手に喋るのだ。

人工知能的な要素は全く感じられないエモパーで、一方的に情報を時々垂れ流すだけのエモパーですが、今日はだて巻の日と喋って「赤巻紙青巻紙黄巻紙伊達巻」と早口言葉を喋ったのだwww

赤巻紙青巻紙黄巻紙」ではなくて「赤巻紙青巻紙黄巻紙+【伊達巻】」なのだ。それをエモパーがこの早口言葉は私が初めてですよねとか自慢していたので、今日が何の日か調べてみたという次第。

「だて巻の日」はなんでもだて巻の由来でもある伊達政宗の忌が今日だそうで、卵焼きの専門メーカー「株式会社 せんにち」が制定したとネットに情報があった。

それでその「株式会社 せんにち」にアクセスしてみたけど、トップページにだて巻の日について何も触れていなかった。せっかくのチャンスを・・・この会社バカか?

しかし「株式会社 せんにち」もだて巻の日でこんな掲示板でバカか呼ばわりされているとは思わなかったろう。

小さなことだけど、これがネット時代の恐ろしさのほんの爪の垢程度の事例だよ。

ちなみに今日は「ゴルフ場記念日」でもあるそうだ。
 

アジアンタム斑入り

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時39分33秒
返信・引用
  ぼつぼつ株分けできそうです。

植え替えは要注意で、ザクッと半割にしてそのまま根をほぐさないで植えこみましょう。

これから新葉が出てもっときれいになります。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w180929741

 

ハオルチア交配自作出個体

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時36分9秒
返信・引用
  オブツーサとプラニフォリアをかけたと思います。

そのためちょっと大型で、ときにプラニフォリアっぽくなる時もあります。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f217808566

 

アロエベラの縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時32分11秒
返信・引用
  前に交換で手に入れたアロエベラの縞です。

やっと欠き仔が出来ました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h266342315
 

実生君子蘭4-5年生

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時29分50秒
返信・引用
  なかなか大きくならなかった君子蘭です。

やっとこのサイズです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t517149938
 

山芋斑入りの上柄

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時28分11秒
返信・引用
  最近ヤマイモの斑入りの上柄がほとんどでなくなってきています。

これはムカゴから出た今年の貴重な個体です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o186593531

 

木立ちアロエの縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)19時26分7秒
返信・引用
  古新聞根巻き栽培品です。

古新聞パワーはすごいですw

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b258857426

 

白水

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)06時41分59秒
返信・引用
  オトメギボウシ白水です。

白水は私が初めてオトメギボウシを実生してできたビギナーズラック的品種です。最初は縞でしたがすぐに覆輪に完成しました。

白水は白覆輪ですが青仔も良く生みます。覆輪なのに青仔を産むというのは珍しい性質ですが、青仔は少し大きく育ちます。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s530678021

ホウライシダが飛び込んでちょっと寄せ植え山野草風です。

 

満月

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)06時38分38秒
返信・引用
  小型ギボウシの【満月】です。

この満月にもたぶんオトメギボウシの血が入っていると思います。葉質の感じからオトメギボウシ金牡丹系の交配で生まれたものか、あるいは乙女の舞系の交配だと思います。

後者の交配の方が強いかな、何故なら満月も葉が何枚かくっついた蛙っ葉が出るからです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j434978165

 

青海

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)06時35分4秒
返信・引用
  小型ギボウシの青海です。

青海は【姫トクダマ】と【乙女】の戻し交配です。葉の周りが縁取りみたいに白く覆輪みたいに名ていますが、覆輪ではなくて葉の構造でそんな感じに見えるのです。葉の縁が白っぽいのは特玉の性質が出ているのですね。特玉はもともと乙女の交配で生まれています。青海はその戻し交配です。

姫特玉羅紗を【青海】として販売している業者もいますが、それは間違いです。姫特玉羅紗は多く出回っていますけど青海の方は流通が少ないのです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v501359508

小型ギボウシは今一人気がないのですが、コレクションには最適だと思うのですけど展示会などでは小さくて見栄えがしないですかね?

 

ウラジロギボウシ散り斑縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)06時23分36秒
返信・引用
  何ギボウシなのかは分からないけど葉の裏が白っぽいギボウシです。

渋めの散り斑縞が入っています。

栽培を始めて5-6年でやっと一本この仔が出来ただけです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q158272903

 

タイリントキソウ覆輪縞

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月23日(火)06時21分29秒
返信・引用
  タイリントキソウの覆輪縞です。

時々中透けが生まれることがあります。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h266407274

 

Re: 蘭小屋は山草棚

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)22時19分45秒
返信・引用 編集済
  > No.351[元記事へ]

アマドコロも好きなんですがアマドコロは地下茎がすぐ鉢の縁まで行っちゃうので、鉢植えの中では行儀が悪い山野草です。

3-4年前になるかな、アマドコロがヤフオクで結構高価に取引されていて自分も多少集めていたのです。

その中に大覆輪の萱場錦というのがありまして、これが4-5千円もしていたのでなかなか手に入れる事が出来ませんでした。その萱場錦も今では1000円位で手に入るようになっています。

ヤフオクの中はパイが小さいのでちょっとした品が異常高値になって、やがて数年でその異常さ終息すると、それまで高値で買えなかった人たちが暫く落札し、その後は入札も希になってくるというのが長年ヤフオクを見てきたこれまでのセオリーです。

まだヤマシャクヤクの斑入りは高価ですが、これも仕手が落ち着けばいずれうんと安くなると思います。斑入りトチバニンジンも驚くほど高価ですが、何故あんなものが高価なのかわからないけどこれも仕手がかかっているのでしょう。

仕手がかかっている内は普通は手を出さない方が良いに決まっているけど、仕手がかかっているとなぜかその植物が特別に見えてしまうのですね。そうなるとどうしても欲しくなってしまい、結果アリジゴクにずり落ちたようなもので財布のひもが緩んでしまいます。

やはり3-4年前はアグラオネマ・ピクタムに物珍しさで仕手がかかっていて、これも異常価格で取引されていました。即売会なども抽選などと盛り上がり、みんな芋を切って殖やして小遣い稼ぎ的になった感じで加熱していました。

アグラもパイが小さ過ぎて、アグラの元高級品種もヤフオクにちょっとした高値で出品すると入札がないなんてことになってブームは終わっています。加熱が終わって冷静に見れば迷彩柄も一つ二つは良いけど、たくさん栽培すると葉の迷彩でごちゃごちゃし過ぎます。結局稼いだのはガリンペーロだけかな。その辺の草が万単位に化け、その状態が数年続いたのですから、中には海外移転できるほど稼げた人もいたようですw

アグラの趣味栽培でキャッスルの方だけはずいぶん稼いだでしょう。私はアグラにつぎ込んだお金100万円ちょっとが、何とか回収できたか出来なかった程度です。今思えばあんな草に良くも100万円以上もぶっこんだものだと思います。仕手に釣られた自分は本当のアホでしたねwww

アグラを引き取ってくれる方を紹介してくれた方と、紹介していただいてアグラを全部一括で引き取っていただいた方のお二人には今でも感謝しています。現在アグラも何本かありますが、山野草的雰囲気もない草なので観葉植物的扱いです。

同じように熱帯雨林系の洋種小型植物的山野草もアクアリウム関係に大変に人気で値段も高かったのですが、今はお呼びもかからない植物になっているみたいな気がします。アグラもそうですが、熱帯雨林系植物は茎挿し葉挿しで殖え過ぎるのも価格暴落が内在していることは自明なのです。仕手がかかっていると分かっていても、その現象も見なふりをして夢中になるのです。

ヤフオク園芸部門でも仕手がかかっているから面白いのと、仕手が終わってからゆっくり楽しむの・・・あなたはどちら派ですか?

以前は高い方が夢中になれたけど、今ではヤフオクという小さなパイの中での急激な値段の推移がこういった植物の相場を左右する時代になってしまい、山野草店が商売にならないので自宅でやっている方以外は店を止めざるをえない時代です。これはヤフオクの弊害ですが、それも時代が変わっているから旧態も変わらざるを得ないのを変わらなければ消えゆくだけです。

団塊世代が古典園芸界や山野草を牽引してきたのですが、団塊世代も高齢者世代となってこういった園芸をたしなむ人は少なくなっています。そのため既存品種を含め、次から次と生まれ来る山野草の斑入りなど、次世代に残すことは難しいのだろうなあと思います。

その中で残る斑入りといえば誰が見てもこれは一級品だねというような品物だけでしょうね。寂しいことですが、これからの先はそれが現実になって来るでしょう。
 

Re: 蘭小屋は山草棚

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)22時00分33秒
返信・引用
  > No.350[元記事へ]

上二枚はコウヅ系のギボウシです。羅紗チャボとの交配らしいですが、羅紗はないですが葉が丸くて中型サイズです。また腰が低いギボウシです。

三枚目画像はウラジロギボウシ散り斑です。これは余剰苗なのでヤフオクに出そうかなと思っています。
 

Re: 蘭小屋は山草棚

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)21時57分51秒
返信・引用
  > No.349[元記事へ]

オトメギボウシは種類が少ないので、自分で実生して作ってもいますけど、なかなかバリエーションが増えません。

画像は上の吊掛けはオトメギボウシ系で、下の二つはホスタのまだ珍しい中高級品種です。
 

Re: 蘭小屋は山草棚

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)21時55分29秒
返信・引用
  > No.348[元記事へ]

静吉さんへのお返事です。

ギボウシは場所の関係で相変わらず小型ギボウシのオトメギボウシ専門です。オトメギボウシ専門といっても、多少は色々なギボウシも栽培しています。

オトメギボウシは今や、吊風蘭掛けにフウランの代わりに入っていますw
 

蘭小屋は山草棚

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)21時52分30秒
返信・引用
  風蘭用の蘭小屋ですが、屋根の波板を張り替えたときについでに遮光ネットも貼ってしまいました。遮光ネットを張ったのは屋根の波板を張り替えたときに新しい波板だと光が強過ぎないかなと思ってです。

それで富貴蘭よりも山草栽培に向いた棚になっているので、フウランは屋上とベランダに押しやって蘭小屋を山草棚にしちゃいました。

山草も色々と集めて棚がいっぱいになってきだしていますけど、山草は冬になれば地上部は枯れるので一か所にまとめて集めて管理できます。

そうして空いたスペースは冬場の富貴蘭の越冬場所となるわけです。

目出度しめでたしです。
 

聖無双

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月21日(日)11時38分51秒
返信・引用 編集済
  聖無双は「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」でつまりF2です。

端的に言うなら無双丸型に大聖海の血を移植した品種です。

「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」の交配で生まれる個体は、大聖海(富嶽全斑型青軸)型と無双丸型で、更にこれに無双丸タイプと大聖海の全斑が載ったタイプなどが生まれると想像します。

「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」

↓↓↓生まれる子↓↓↓↓

大聖海大聖海型」 「大聖海無双丸型」  「無双丸大聖海型」  「無双丸無双丸型」に分離するはずです。

葉の特徴が見えだした移植時には、たぶん葉の長いもの大聖海の表現がない青いもの付けに変化のないものなどはハネられているはずです。

そうして残った個体が世に出てくるわけですが、「大聖海無双丸型」「無双丸大聖海型」 は一見豆葉風に見えるのでこれを豆葉と思うとその多くは違うはずです。多分これらの多くは無双丸サイズにまで仕上がるのではと思っています。

なぜなら尖岳という韓国実生の品種がありますが、これは玉金剛と大波青海をかけて生まれた個体と聞いています。尖岳はF2として生まれていないように思います。その尖岳のセルフ実生で生まれている個体は玉金剛にも大波青海にも分離せずに、尖岳そのものが生まれています。分離があったのかもしれませんけどそれらは富貴蘭として流通しないので実際は分かりません。

何が言いたいかというと、富貴蘭は生まれた個体(実生でも既にF2になって分離が終わっている個体)そのものをセルフすると同じ個体が生まれてくるということです。だから豆葉なら豆葉、長葉なら長葉が生まれます。その中にも当然芽変わりで長葉や豆葉などや斑入りも生まれるものもありますが、そういった個体は貴重な芽変わりなので偶発的な要素もあります。

つまり「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」で生まれた聖青海には豆葉たる要素が何もないということです。

フラスコ出しして数年豆葉の状態を保った聖無双があるじゃないかと思われた方は、それはフウランの「豆葉っぽい性質的幼体フォーム」のせいです。

孔雀丸実生が大豆のように真ん丸の葉に羅紗地を表して青牡丹としてん十万円で出回った時があります。孔雀丸実生も全てが青牡丹ようには生まれていません。長葉もたくさん生まれているのです。その中で大豆のように真ん丸い葉に羅紗地で生まれた個体は、富貴蘭実生の黎明期にあっては芽変わりと考えて高価で売られたのも道理だったかもしれません。

ですが今考えると、それこそが「豆葉っぽい性質的幼体フォーム」そのものです。

そんな大豆のように丸い葉をした青牡丹が、やがてその他の長葉と同じように長葉タイプに変化してしまいました。その長葉タイプから本芸をした孔雀丸(黒牡丹=孔雀丸羅紗地本芸小型化)なるものも孔雀丸の性質から当然ありましたけど、孔雀丸セルフからは何も抜け出していないのです。ただその時に孔雀丸縞が生まれて天王植木に収まったことがありますが、孔雀丸縞が孔雀丸として実生で縞として生まれた芽変わりの例です。

芽変わりでなければフラスコ内の「豆葉っぽい性質的幼体フォーム」では、親の姿は超える事が出来ないのです。この芽変わりは極少ないけどフラスコ実生では下手な鉄砲以上に当たる確率はあります。

掲載画像を観てもらえばわかると思いますがそこには二個体の聖無双があります。上二つが同じ聖無双で舌は別株の聖無双です。入手時はどちらも豆葉タイプ的な感じでしたけど、栽培するにつれてどちらも葉が伸び出してきています。

「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」で生まれた聖無双には豆葉たる要素ないので、これで豆葉が生まれるのは数少ない芽変わり個体だけに発生するはずなのです。多くの聖無双はフラスコから出て1-2年の間は豆葉風ですが、実際は無双丸型程度には育つと思った方が良いでしょう。

であるとすると玉聖はどうなのかというと、玉聖大聖海×青海(花粉)のF2ですから青海という豆葉の要素がしっかり入っていますので、こちらは青海タイプであれば大きくなる個体はできないのは当然です。なお母親が大聖海ですから紺縞が出る個体もあるのは当然です。

「大聖海×無双丸」×「大聖海×無双丸」と同じ伝で行けば、覚王山は「富嶽×無双丸」ですからこれも豆葉の要素がどこにもありません。無双丸自体は紅孔雀と淀の松などの交配のF2あたりで出来ているとかではっきりしませんけど、一度無双丸になれば淀の松の血も紅孔雀の血も再現できませんので、無双丸をセルフしても無双丸が生まれるだけで無双丸には豆葉の要素がもうないのです。

だから覚王山無双丸程度のサイズにこれからなってくると思います。

いや確実に無双丸覚王山になるでしょう。

覚王山大無双の縞斑」と考えると間違いないでしょう。すでにその兆候が表れている覚王山の個体もネットで見ました。

ただ、覚王山は富嶽の血が入っていても派手目の総柄個体が多いので、派手だとどうしても成長がゆっくりになるので無双丸位の大きさになるにはかなり時間を要すると思います。なので現状の覚王山は仮の姿だと思って間違いないと予見します。

聖青海や覚王山が豆葉ではないぞとここで書いているからといって、両品種の価値は何ら落ちる事はありません。豆葉には豆葉の魅力があり、そして誰しもが無双丸に縞が入ったらと夢を描いたことが一度や二度あるのではないでしょうか。その無双丸の縞や虎が育ちつつあるということはとてもうれしいことなんです。

フウランですから豆葉といっても覚王山があのままのサイズで開花株になるとは思っていないはずです。もう少し大きくなるだろうと思っているとは思います。無双丸タイプの柄物へとこれから成長するのです。無双丸位のサイズになれば手頃な大きさのフウランとして見応えもあろうという物です。ただ聖無双も覚王山も小型な豆葉だという思い込みだけ早目に払拭しておいて欲しいなあと思います。

そこで聖無双は大聖海柄なのですが、親の大聖海の性質によるものか暗みが早いです。暗みが早いと木がマンサイズ(成木)に近づけば牡丹芸っぽい出芽がかなり弱くなる可能性もあります。大聖海×青海F2の方は暗みがかなり遅そうな感じですが、同じ大聖海が片親かどうかは分かりませんが聖青海の方は暗みやすい性質が強いように思います。親に使う個体も性質の良い個体を厳選する必要があると思います。

実生で生まれる偶然の豆葉の縞は貴重なものですが、これこそ下手な鉄砲数撃ちゃあたるって奴でそうあることじゃありません。

ですから実生育種家さん達は豆葉富嶽を狙うのであれば、片親をしっかり豆葉の特徴ある個体を選択して行った方が良いと思います。例えば先に出た尖岳に富嶽柄を移植するとか、十二単や、千載、黒真珠など特徴ある豆葉があるので、そういった品種に富嶽柄を移植して欲しいなあと思います。 さらに富嶽も暗みの少ない優秀な系統を選択して欲しいものです。

これら葉変わり品に富嶽柄を移植した個体たちこそは、「富嶽・第二世代」とでも言えるべきものです。

「富嶽・第二世代」の時代が始まれば、富貴蘭界(「会」ではなく「界」)にもなんらかの新しい流れが起こせるはずだろうと思っています。
 

覚王山

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月20日(土)22時13分37秒
返信・引用
  ついでに覚王山も風通し出品です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e224939529

 

金牡丹(Z)

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月20日(土)22時11分56秒
返信・引用
  金牡丹(Z)と最終番号を振っている個体です。

株の中に何本か縞の個体があっての入手です。

今年からバカに生育が良くなって驚いています。

この個体にはまだ縞はありませんけどとてもご機嫌そうなので、入手するならこのような金牡丹がいいのですよ。

ヤフオクに5万円で出品してありますけど、5万じゃ落とさないのであしからず。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q158177676
 

八王錦覆輪

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月20日(土)22時08分14秒
返信・引用
  久し振りに八王錦の紹介です。

奄美じゃなくてフウランなのにこんなに大きく育っちゃいました。
奄美じゃないから花もフウランの時期に開花します。
根も春にならないと動きまへんで~w

やっと仔がつきました。

ヤフオクに風通し出品してみました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k255166811
 

Re: 1日限定出品・建国の鉢減らし出品4回目

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月20日(土)22時04分45秒
返信・引用
  > No.341[元記事へ]

1日限定出品・建国で掲示板に掲載した画像は羆(青)でした。ヤフオクに再度出品してあったのですが、現在出品を注視しています。

仔がついていてその仔芽に八千代芸がしっかり出ているので楽しみです。

八千代芸な紺覆なので羆の紺覆輪ではないですが、少し目が大きくなってまた出品したいと思います。

これが白中透けだったらお殿様のおなり~いってなるんだけどね(^^;)
 

夢天使の残滓よ何処

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月18日(木)14時59分42秒
返信・引用
  皆さまは覚えていますですかね、当方の「夢天使」。

変化が始まって有頂天で鼻息荒かったあの時・・・

↓数年前の夢天使時代の参考画像↓








↑夢天使時代の参考画像↑


あれから天使はいずこへ行ったのやら、その幻を追い求めるばかりです。

ここまで柄が出てきて青に戻るなんて、本当に天国から地獄の日々でした(/ДT)

今はあの時のことにようよう諦めがついたところです。

現在は玉金剛ルビー根状態なだけです。

ルビー根はこれから澄んできます。

自分が入手したのも全くの青でしたから、棚が変われば柄が出る可能性は高いのではと思っています。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g217112346

ヤフオクに出品してありますが、直接ご希望がありましたらお申し出ください。
 

1日限定出品・建国の鉢減らし出品4回目

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月17日(水)10時33分37秒
返信・引用
  1日限定出品で建国をヤフオクに10点出品しております。

本日5月17日夜9時から10時までに終了する出品です。

今回で建国の鉢減らし出品は4回目です。

お陰様で建国の鉢数が減りました・・・でもなくて、鉢数はたいして変わっていません(^^;)

美咲園さんが廃業しまして、なんだか私のところにも富貴蘭を処分に持ち込む方も出てきまして、値段があれば買わせていただいています。

そんなこんなで鉢数が増えつつあります。

私のところの建国はほとんどが美咲園さんからの入手品ですから、元は芸の良かった系統の青が多いので、作るには面白いと思いますよ。

お気に召すものがありましたら、どうぞご利用ください。
 

家庭菜園

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月17日(水)10時08分42秒
返信・引用
  家庭菜園に植えるカラーコーン(グラス・ジェム・コーン)の苗を自分で作りました。

余分に苗が出来たのでヤフオクに出しています。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o185220378

帯化大豆の苗も作りました。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u144477159
 

嶽宝(がくほう)

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月17日(水)10時06分11秒
返信・引用 編集済
  嶽宝は旧来富嶽の最上タイプではないかと思います。

富嶽は大好きです。

たくさん数も出回っているので、色々なタイプを栽培してコレクションするのも良いと思います。

意外と富嶽を丁寧に栽培している人は少ないのですよ。これって富貴蘭を金としてみているから富嶽じゃ金にならないから栽培にも力が入らないってことなんでしょう。

富貴蘭はぼつぼつ観葉植物化してくる時代に入っています。

私は実生品種が好きです。

特に富嶽の交配で色々なタイプの豆葉を集めてコレクションしたいなあと思っています。これらの交配富嶽系品種は第二世代の富嶽と思っています。高級品である必要は全くなく富貴蘭のように投機的園芸品種でなくて、一般的な園芸品種化して良いと思っています。価格も数千円程度で良いでしょう。

弁慶丸型富嶽(極少し出回りました。私は派手柄入手で枯らしましたw)に青海型富嶽(現在は玉聖に彩海があります。玉聖も枯らしたw)等のように、もっと富貴蘭の無地物タイプに対して富嶽柄を移植する交配をやって欲しいなあと思います。

そんななかでこの嶽宝なら、第二世代の富嶽の中に入っても充分に光る個体じゃないかなと思っています。三本立ちを株分けして余剰2本の内残り1本をヤフオクに出しています。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q157580020

1本は残してこれからきれいな株立ちになるように仕上げて行こうと思っています。

三枚目画像は割る前の状態です。




 

平安の輝き

 投稿者:静吉  投稿日:2017年 5月17日(水)09時37分45秒
返信・引用 編集済
  「平安の輝き」という富貴蘭を昨年に美咲園さんにいただきました。

株立ちで作りをよくするときれいになるというので、今年バラバラにして作り直してみる事にしました。

バラバラにした中でのこの一本が一番きれいだった。

腰斑がきれいになるのかな?

平安の輝きという品種を知らないのだけど、美咲園さんいわく「〇〇さんがきれいな木を出して凄く高く落ちた」やつだということだけ聞きました。

自分は見た目だけにしか興味がないので、来歴とか由来なんぞに全く興味がないのです。それで平安の輝きがどういう品種か聞いてもいません。だって芸が素晴らしくてその上で来歴が光るのであって、来歴ありきで芸が良くなるってわけじゃないんです。

その上に昨年の美咲園さんでの展示即売会以降、美咲園さんは富貴蘭に対して全く興味を示さなくなり、あまり富貴蘭について話題にすることも遠慮していたので、平安の輝きもあそうなんだでとりあえず貰っておきました。

高い値段で落札(富貴蘭交換会で)したと言うことを楽しみに、その高い値段になるような芸に仕上げてみたいなあと思います。何本かあるので一番きれいだったのを1本ヤフオクに出しておきました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b258534888

 

レンタル掲示板
/11