teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


小仏関から登山

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月16日(木)22時28分31秒
返信・引用
  小仏関から登山してきた。
コースは画像1を参照。

2018-08-16 10:45:28
合計時間: 5時間1分
平面距離: 7.45km
沿面距離: 8.16km
最高点の標高: 421m
最低点の標高: 193m
累積標高 (上り): 1056m
累積標高 (下り): 950m
標高データの種類: GPS標高

5時間も登山していたんだ。
これに往復のアシストしない重いだけの元電動自転車漕ぎが加算ですw
 
 

ハオルチア交配

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時13分31秒
返信・引用
  オブツーサとシンビフォルミスの交配です。

時期によってオブツーサの顔をしている時と、今みたいにシンビフォルミスみたいな顔をしている時があります。

面白いですね。
 

イタドリ

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時11分20秒
返信・引用
  イタドリって意外に斑入り品種があり、それだけで一つのジャンルになるのです。

一枚目二枚目画像は縮緬です。

三枚目は黄金葉品種で出芽の時の黄金葉は素晴らしいものです。
 

ハオルチア

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時08分59秒
返信・引用
  ハオルチアはこれから色々集めて行きたいと思っているジャンルです。

なかなか良い個体が手に入りませんけど、この個体はどれも良いです。
 

ボトルツリー

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時07分11秒
返信・引用
  ボトルツリー(ブラキキトン)です。

学名は Brachychiton rupestris です。

ネットで探すと凄い木が見つかります。
 

イワヒバ

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時05分15秒
返信・引用
  小紋錦と栄獅子です。  

富嶽・・・かな?

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時03分50秒
返信・引用
  富嶽かなと思ったんだけど、富嶽と違うかもしれない。

秋紅錦とか、そう言った系統の高架今も。

でも香りはフウランです。
 

アリストキア

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)22時01分39秒
返信・引用
  ヤフオクで良く出て行きました。

今回、これが最後の一鉢です。
 

高尾山

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月15日(水)08時23分53秒
返信・引用
  昨日は午後から高尾山でした。

稲荷山から高尾山山頂へ行き、いろはの森コースからいろは交差を4号路にはいろうとしたら倒木のため通行止めでロープ規制。

ここから山頂方面へ戻れってそりゃあないだろう!

それでロープを跨いで4号路みやま吊橋方面に入って行きました。だめなら仕方がない引き返そうと思ってです。1号路接道(参道コース)に近いところのカーブあたりにかなり激しい倒木の跡がありましたが、既に手が入っていて通れない状態ではない。

1号路に出てからはタコ杉をへて、サル山草園の横の病院道コースを下山しました。石仏広場からは病院道にはいかないでびわ滝へ側に行き、6号路と合流して高尾山口駅駐輪場です。

チャリで移動の時間も含めて4-5時間。この間で短パンとTシャツ汗ですべてびしびしょ。川に落ちて濡れそぼったと同じ状態。こんなに汗をかくもんかねえ、で他の方もこんなに汗をかいているのかどうなのかなとたいへん気になった1日でした。

最近はクーラーを入れて寝ていますが朝方になるとクーラーが寒いので止めていますが、それでも室温は29.5度です。29.5度で寝ていて気温がちょうど気持ちがいいなんて、前にも書いたけど人の適応力って凄いもんだな。
 

今年の夏は夕立

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月14日(火)10時57分17秒
返信・引用 編集済
  昔の夏は入道雲が湧き上がってきて、いつの間にか激しい夕立が降ってさっと止み、そのあとは蝉しぐれって感じでした。

蝉しぐれと言えば「南部蝉しぐれ」
https://youtu.be/r9Ruby-Zygc
(自分もカラオケで歌っています)

その後いつの間にか夏でも私の住むところでは、夏に夕立らしいってものに遭ったことがなかった。が今年の夏は雷雨を伴う激し夕立が何度か起きている。

夕立が何度かあるけど、少年時代の夕立ってわけでもない感じの夕立。辻巻突風の激しい雷雨で荒天的な感じです。

少年時代と言えば「少年時代」
https://youtu.be/DsyhKIUS4_s
(意外と難しくてカラオケでうまく歌えません)

最近少し夜間になれば気温が下がるようになってきました。それで室温を見ると30度だったりしています。30度で涼しく感じるなんて、室外の35度以上の気温に曝されているから30度が涼しいのでしょうね。人の適応力というのか順応力って凄いものですね。

ちなみに蘭小屋の最高温度は46度です。

こんな温度でも植物は全く平気です。屋上は遮光ネットを張っただけですから、ほぼ外気の日影と同じだけど、いるだけで汗がぶわっと吹き出します。

フウランなんて植物はこんな高温でもなんちゃらないですって顔をしています。暑さ寒さに強いフウランは私が常々言うように映画ターミネーターのターミネーター並にめちゃくちゃタフな植物です。

そのタフなフウランでも、導入した苗などは調子を崩してしまったり枯れたりするのがあるのは、これも当然のことです。へたに人智が入り込んであれこれと弄り回したり、自分はなら栽培できるとの思い込みでヘチな苗を手に入れたりするからそういう結果になるのです(自分のことですw)

また栽培で水やりの度に肥料をやるとか栄養剤活力剤を与える人ってのも、これまた栽培が全く分かってない。だから当たり障りのない濃度でお茶を濁した栽培になっているわけです。なんてことを考えつつ、植物栽培って、難しいのか簡単なのかなと、再度考え直したりしているところです。

考えても個人データーがショボいのでいつも試行錯誤です。結局置き場所と(工夫をする)と、水やり管理のみで栽培はベストになる。肥料だの活力剤だのは付随する些事に過ぎないと思う。

そのうえで・・・しかし熱いなあ!

暑いのでより熱くなるようにアシストしない元電動ママチャリの重い自転車でも漕いで、高尾山麓まで行き、高尾山に登ってこようw
 

アロエ色々

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月14日(火)09時54分20秒
返信・引用
  アロエもいつの間にかいくつか栽培するようになりました。

あれも作ってみたいこれも面白そうだ・・・

・・・そんなこんだで、栽培鉢数が増えて増えて困ってしまいます。

今からもう冬の作場の事を考えないといけませんので、しばらくは植物の売り場的なところには立ち寄らないように自制をかけないといけません!!!

と言っても、今日だけはとか、これは珍しいからこの機会を逃すとダメだからとか、何やかんやと自分をごまかしてつい買ってしまう・・・

好奇心でついつい買ってしまって、その好奇心が治まるれば棚確保のために泣き泣きヤフオクで整理しているけど、あまり売れるわけじゃないので、植物は溜まる一方、財布は薄くなる一方、で結果的に老後破産になるのが俺みたいなタイプってわけだなwww
 

ベゴ・パルダリウム

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月14日(火)09時47分2秒
返信・引用
  ベゴニアは簡単に増殖できるので、富貴蘭のように一度植え替えたら後はそんなに手がかからなくなって、園芸的にちょっとつまらない場合などで遊ぶのには可愛いです。  

ギボウシ

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月14日(火)09時44分37秒
返信・引用
  ギボウシは最盛期を過ぎましたのでぼつぼつ葉が痛み出すものも出てきますが、まだまだこれからってギボウシもあります。

緑花のギボウシがあるのですが、去年は咲かなかったのですが今年は咲いてくれるでしょうか。そう言えば、ヒュウガウラジロギボウシも花はこれからです。
 

白麗

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月12日(日)10時33分10秒
返信・引用 編集済
  白麗は吟風同様にとても変化にとんだ品種です。

吟風も元は一個体だったのが変化してきたのか坪実生バラエティだったのか分かりませんが、白麗にも吟風と同様のバラエティがあります。

白麗も吟風もそうですが、ある程度力を入れて栽培しないと草体がとてもだらしがなくなります。葉姿を整えるためにはそれなりに手がかかりますし、しっかり作るには日当たりと風通しが第一になります。

葉幅もあり葉肉も厚いタイプの白麗になると葉姿く崩れはほぼなくなりますが柄も出にくいですが、このタイプで柄が出てくるととても美し品種になります。

白麗も吟風もそうですが、芸風としてはこれまでの富貴蘭登録品種にはない芸です。そのうえで葉姿の乱れなどもありますけど、作りごたえのある品種とも言えます。
 

建国中斑の青

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月12日(日)10時14分46秒
返信・引用
  何年も青だったのに昨年から芸を出して驚いている建国中斑の青です。

一枚目は柄を出してきた建国中斑です。

二枚目三枚目画像はそれぞれ余剰苗です。
この二株以外にもう出せる建国中斑の青の手持ちがないためにしばらくは出ないと思います。今の親から殖えたらその内だ競るかもしれませんけど、柄仔を生んでいるので完全な青は難しいかもしれません。(柄仔はお値段が少々上がりますので・・・)
 

ハオルチア(ハオルシア)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月12日(日)10時10分38秒
返信・引用
  多肉植物の内でハオルシア系はフウランと同居できるので幾種類か栽培しています。

ハオルシアは仔吹きも良くて、フウランを見た後の箸休め的に栽培しています。

一枚目画像は雪景色という交配ハオルシアで、二枚目三枚目画像はブラックオブツーサです。黒っぽいのが良いです。
 

ベゴニア・レックス系

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月12日(日)10時07分49秒
返信・引用
  ベゴニアは葉押ししておけば仔が吹いてくるので増殖が容易です。
たくさん殖やしていろいろにアレンジして栽培すると面白いです。

レックス系のベゴニアは苗よりも大きくなると葉がとても美しい個体が多いです。レックス系は花を楽しむタイプのベゴニアではなくて、葉を楽しむ観葉ベゴニアです。
 

D.ロディゲシー

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月12日(日)10時04分41秒
返信・引用
  私が植物栽培を始めたのは実は洋蘭小型原種からです。

世田谷だったかな太子堂のところに国際園芸(今は転居)という洋蘭屋さんがあってそこに何度か洋蘭原種を買い求めに行ったことがあります。

私の洋蘭原種は小型で葉姿で観られる珍奇な草体のものです。いわゆるカトレアなど花がなきゃなんだというような草姿には全く興味がなく、花がなくても草体で観賞できる一種葉もの山野草的な感じです。

そんな中で花を楽しむために求めた洋蘭原種の一つがこのデンドロビウム・ロディゲシーです。小型の草体の割にはピンクやや紫の丸い大きな花を咲かせリップには欠刻が入って弁咲がぎざぎざしていて可愛らしい花でした。

そのロディゲシーに斑入りがあるというので中透け個体と、中透け飴矢個体を栽培しています。まだ株立ちになっていないので開花していないですが、花も咲くのが楽しみでも栽培しています。

1枚目2枚目の画像の個体は中透け飴矢のロディゲシーです。

3枚目画像は中透けのロディゲシーです。
こちらは飴矢ではありません。
 

翁獅子

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月11日(土)13時29分49秒
返信・引用
  翁獅子、最上芸個体割仔。

最上芸ですが少々小さいです。

栽培は小さいから大きくしようと肥料を与えるのではなく、なるべくミズゴケ交換の植替えだけで栽培して、可能な限り無肥料で明るい個体に創り上げてください。大きさで評価する品種ではなく柄が命の品種です。芸が良いと根の色もルビー根っぽくなります。

富貴蘭全体の栽培のヒントとしては、フウランの根は外に出てくるものが多いですが外に出ていると根が止まりやすいので、割仔などや根を守りたい個体などの場合は外に出ている根をなるべくミズゴケの中に入れてやってください。太い根になって根の伸びがうんと良くなります。

ミズゴケの中に入れにくい時はミズゴケを当ててやるのも良いです。

出かけようと思ったら夕立が凄いです。山の日で高尾山あたりに行っている人たちの多くははずぶ濡れだね。高尾山のような観光で行けるところへは山行(登山の事)の人たちのように雨具の用意はしていないと思う。山行では晴れていても雨具必携です。
 

翁獅子

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月 9日(木)18時32分5秒
返信・引用
  なかなかに増殖の悪い翁獅子です。

浪花獅子ならたくさん殖えるのに、翁獅子や千代田獅子になると先ず殖えませんです。なんでなんでしょうかね。

柄が派手になると増殖が悪くなる因果関係があるんでしょうか?
 

台風

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月 9日(木)11時28分24秒
返信・引用 編集済
  7月末は台風12号に襲われそうになり、8月に入ってからは台風13号です。

どちらも自分の住む地域ではさいわい台風がそれて行ってくれたのでほっとしていますけど、台風の前には屋上のフウランやその他植物の一応避難対策をしないといけません。避難対策をして台風が去ってからは元の状態に戻す作業もあります。

猛暑に台風は植物の管理栽培をするときにはそれなりの対策をしないといけませんが、実は樹木などにとっては台風は被害を及ぼす可能性もあるけど、実際は台風は樹木の天然のクリーニングになっているのじゃないかなと思います。

風と雨が余分な枯れ葉や枯れ枝に、木の股に溜って腐敗を起こす腐植質(枯れ葉や苔など)を吹き飛ばし洗い流してくれるのが台風なんだと思います。

別段台風の効能を述べているわけじゃなくて、土砂災害は人間にとっては不幸でも大地の大きな開墾でもありますし、台風にはそういう面もあるのじゃないかなということです。

要は人間にとって都合の悪いことは災害となるの当然としても、自然が天変地異で荒れるのは別の見方もあるんじゃないかと考えて、その上で対策を施すことが大事なのだろうと思います。

台風対策後の後片付けをしながら、人はこれまでも色々な天変地異に遭遇し頑張ってきた歴史があります。が、いつまで経っても自然との折り合いは難しいですね。

各地にお住いの皆様も、自然災害には充分にご留意してください。
まだまだ夏の最中です。
猛暑に体力を消耗されないでご自愛しつつお過ごしください。

 

多肉植物の高芽

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月 7日(火)18時37分24秒
返信・引用 編集済
  多肉植物でも花芽が仔芽に変わることがあるみたいです。

ところで昨夕の激しい雷と雨は今日の気温低下をもたらしてくれました。とても涼しくて過ごしやすいですが、窓を開けっぱなしだと着ている服が薄いから肌寒く感じます。

こういう時に夏風邪をひきやすいので注意が必要かもです。
 

Re: 涼しく

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月 5日(日)19時51分35秒
返信・引用 編集済
  > No.788[元記事へ]

涼しくと言っても猛暑が続いています。

室温34.5℃です。

扇風機を回しても、ドライヤーが回っている感じです。

この程度の暑さなら何とか耐えられますし、蘭小屋の中は40℃超えるときもあります。年々夏は気温が上がって行く一方なんでしょうかね。

このまま気温が年々上昇するのなら、八王子でもこれからはミカンが豊作となり、北海道でリンゴ栽培が始まる時代が来るのかもしれません。

気温が高くても関係ないのはフウランです。もともと熱帯性のランが温暖な時に、アフリカ大陸から侵略分布を広げたラン科植物がその後の気候変動により生き残っているのがフウランのようなタイプの着生ランなのでしょう。

この猛暑ではさすがに多くの個体の根は止まっていますけど、天葉などは何気も無しに動いています。夏には肥料を休めとは言いますが、天葉が動いているってことは成長しているってことなので、根先が動かなくたって水分と共に養分も吸収していることに何の間違いもないのです。

だからこの猛暑でも、敢えて薄めの液肥などは積極的に与えています。

植え替えなどをしてみると、外の根先は止まっていてもミズゴケの中の根先は動いていたりしていますしね。

フウランに夏は無肥料なんて作られた妄想的栽培方法は改めてもらい、夏こそ肥料ということで括目してもらいたいと思います。逆転的な発送ですがこれ事実です。旧習に囚われた栽培ばかりじゃ進展はないですよ。

ただしこれはフウランなど夏の暑さに強い植物に関してのお話です。地生蘭である春蘭などは関東では年々気温の上昇に伴って栽培が難しくなってきています。これは春蘭は着生種ではなくて地生蘭の中でも特に栽培環境下での高温には弱いからだろうと思います。

暑い暑いと言いながらも登山にも行っております。

画像は登山中の行動をGPSで記録して国土地理院の地図で表示したものです。要所要所に説明も入れておきました。だいたい4-5時間の登山ですが帰ってくるとぐったり疲れてしまいます。以前はこの程度の登山はなんでもなかったような気がしていますが、年を重ねてきているので以前のようにはいかない事と、気温が高過ぎるために疲労度が何割か増しになっているのじゃないかと思います。

この程度の登山で水を3-4リットル飲んじゃいますので、汗をかく水を飲むの代謝だけでも疲れるのじゃないかと思います。3-4リットルの水は重さで3-4kgです。この水もザックに背負っていくのでザックも重いですわ。

ちなみに駒木野バス停や日影バス停のある道路は旧甲州街道になります。現在は「東京都道・神奈川県道516号浅川相模湖線」になっています。小仏峠は車では越せませんです。
 

涼しく

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 8月 3日(金)10時45分3秒
返信・引用
  暑い日々が続いています。

ホテイアオイでも見て気持ちだけでも涼んでください。

八王子祭りが始まりました。

日曜日が終わるまで華やかで賑わってのやや喧騒な雰囲気に包まれます。しかしちってに賑やかになりますので、八王子祭りに遊びに来てみてはいかがでしょうか。
 

Re: 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月31日(火)11時53分2秒
返信・引用 編集済
  > No.786[元記事へ]

曼珠沙華と他の花の大きさ比較をしてみました。

フウランの花は夢風蘭など先鋭的な品種の栽培が多くなっており、既存品はの栽培は減らしています。
 

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月31日(火)11時43分41秒
返信・引用 編集済
  曼珠沙華の花が咲きました。

曼珠沙華は奄美実生で生まれていますので色々なタイプがあるのですが、自分なりに選別してた2タイプを栽培しています。黄花は赤味の強い個体などもいずれ手に入れたいなあと思います。後は豆葉タイプの曼殊沙華の創作も待たれるところです。

1枚目画像の個体は青軸曼珠沙華とされていたものです。確かに一見青軸で根も青根なのですがなんとなく完全な青軸ではないなあとは思っていました。花軸が上がってきて花軸にアントシアニンが入っているのでやはり完全青軸ではなかったです。こういう場合は富貴蘭用語としては清軸(せいじく)と言います。

清軸ですが開き始めは花弁先に緑を少し残してなんとなく清楚な感じがする3蝶咲きです。花は小ぶりです。

2枚目画像は大きな花の曼殊沙華です。大きい花なので着蕾数は少なめですが豪華に咲きます。時に弁に薄ピンク色が入ることもあります。

3枚目画像は2者の花の比較をしてみました。
 

月の雫(つきのしずく)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月30日(月)10時38分32秒
返信・引用
  月の雫は月光から生まれた全斑的タイプです。  

月光(げっこう)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月30日(月)10時37分17秒
返信・引用
  ちっと覚王山にも似たタイプで芸が違う月光です。  

Re: 日の丸

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月29日(日)12時14分10秒
返信・引用
  > No.782[元記事へ]

日の丸の蕾の色です。

小豆色的赤とでもいうのでしょうか、本当に蕾の色が濃く素晴らしいです。

蕾の外側は濃色でも天紅梅の特徴で内側の色はやや薄いのですが、それでも素晴らしい花です。

日の丸を用いて曼珠沙華や花魁と交配を重ねてもより鮮やかな花が出来るのではと思います。そのため日の丸は実親としての将来性も高いものがあるように感じています。
 

日の丸

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月27日(金)10時49分40秒
返信・引用 編集済
  日の丸の強烈な花が開花中です。

葉姿もさることながら花色に目をひかれます。

天紅梅の実生の豆葉のセルフで生まれた女雛と同じですが、女雛は実生兄弟群に付けられた総称(葉型花色々未開花でも全て女雛)ですが、日の丸は開花個体につけた選別名です。
 

Re: 夢風蘭・唐紅葉(からもみじ)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月27日(金)10時45分42秒
返信・引用
  > No.771[元記事へ]

本日の唐紅葉です。

益々美しいです。


後ろ姿はそれこそ紅葉したモミジです。
 

Re: 夢風蘭 美咲(みさき)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月27日(金)10時44分4秒
返信・引用
  > No.776[元記事へ]

二花目が開花しました。

上品で美しい花です。
 

キシロプロイデス

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月26日(木)18時30分46秒
返信・引用
  埴輪の踊る人々と名付けられている埴輪みたいに、手を上下にしているみたいな姿がユーモラスで面白い。  

ダイギンリュウ

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月26日(木)18時28分32秒
返信・引用
  ユーフォルビア属です。

白覆輪がとてもきれいですし、値段が求めやすい価格なので気楽にインテリアプランツとして楽しめます。
 

七宝(しっぽう)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月26日(木)18時24分24秒
返信・引用
  大無双のような葉姿の縞の七宝です。

青に入札があったので、本日株分けして植替えです。

その前に記念に割る前の画像を撮影です。
 

夢風蘭 美咲(みさき)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月26日(木)18時22分30秒
返信・引用
  もう4-5年前に美咲園さんで分けてもらった花物です。

きれいな花なので幻想と名付けていましたけど、最初につけた美咲という名前に戻しました。
 

Re: 第11回 富士山すそ野一周ウォーク

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月25日(水)20時39分2秒
返信・引用 編集済
  > No.774[元記事へ]

> 一枚目画像は遠照寺です。

お寺の方はこちらの画像です。

土管状の熔岩意志が面白いですね。

遠照寺の近くにある陣馬の滝もなかなか良かったです。
 

Re: 第11回 富士山すそ野一周ウォーク

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月25日(水)20時31分54秒
返信・引用
  > No.773[元記事へ]

一枚目画像は遠照寺です。

二枚目画像は陣馬の滝です。

規模は違いますが静岡県の白糸の滝と同じ仕組みです。白糸の滝は近寄れませんがここはたき側に行くことができます。観光や家族が水遊びに来ていました。

三枚目画像のこの草の名前が分かりました。
オオブタクサです。
前回河原で見かけた奇麗な斑入りもこのオオブタクサです。
駆除対象植物だそうです。

こんな草に斑入りが表れてもなんだかなあってやつですかねw
 

第11回 富士山すそ野一周ウォーク

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月25日(水)20時22分29秒
返信・引用
  第11回 富士山すそ野一周ウォークに行ってきました。

田貫湖です。
 

青海牡丹(せいかいぼたん)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月25日(水)06時53分59秒
返信・引用
  青海の金牡丹版です。

もとは玉聖(たまひじり)ですが、このタイプなら金牡丹の牡丹芸タイプになると目論んで入手しておきましたけど、その目論見が成功したようです。

ヤフオクに割仔予定で出品していますけど、入札があったので本日朝割いたしました。根は最高の状態で1本も傷つけることなく外すことが出来ました。

今回は初出しなので安く出品していますが、苗木で10万円~20万円で成木30万円という価格設定にする予定です。まだ小さいのでもう少ししっかり育てます。

一枚目画像は親。

二枚三枚目画像がヤフオクに出品している悪予定だった出品木です。
 

夢風蘭・唐紅葉(からもみじ)

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月24日(火)17時24分28秒
返信・引用
  唐紅葉の花です。

現在開花中。

開き始めは猩々の花をより色濃くした感じで、この花がだんだんと黄色く色づいてきます。後ろから見ても美しい花です。

評価が高まっていますので成木1本で1万円程度の価格帯を設定します。仔付で15,000円位を標準価格帯とします。
 

陣馬山登山

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月24日(火)06時18分52秒
返信・引用
  昨日7月24日(月)は陣馬山登山に行ってきました。

本当は一日前の日曜日に出たかったのですがなかなか朝の仕事がかたずかないので、自宅を出る時間が9時を過ぎちゃったら陣馬山登山はちょっと厳しいので延び延びになっていました。

陣馬山から高尾方面へはけっこうなロングトレイルになりますので、夏で7時ごろまで明るいとはいえ山は近場の山でも午後3-4時には完全下山しておきたいのです。そうすれば帰宅してからも少し雑用も出来ます。

今回の陣馬山登山も実際には1時間以上遅い出発になります。高尾駅を8時35分のバスに乗って陣馬山高原下まで行きます。林道南郷線の少し上の新登山道から陣馬山を目指します。ここ尾根にたどり着くまで少し急登です。

息を切らしながら急登を登り陣馬山にたどり着いたのが午前11時でした。多分昨日日曜日の賑わいはどこへやらの私一人に近い登山者です。茶店もほとんどがクローズ。

一件だけ開いていた信玄茶屋でアサヒスーパードライ(缶ビール350ml)を一気飲みですw

富士山も見えますが黒い富士は見ていても感激も何もありません。富士と言えば冠雪をした富士山じゃなきゃ富士山じゃないですw

陣馬から高尾方面を目指すのは、高尾方面の方が低いので比較的楽なのです。

途中斑入りのヒトリシズカかなフタリシズカかよくわからんけど発見です。別に、斑入り植物を探しに山に入っているわけじゃないので採取はまずしませんです。それでも、植物をデジカメしながらのハイキング登山なので歩行ペースはどうしても遅くなっちゃいます。

景信山で遅い昼食を摂ってからこの後の行動を考えると高尾山まで行くと遅くなるし、高尾山から下山でまた小一時間かかることを考えると、ここは小仏峠からの下山としました。体力的にももう無理ができる年齢でもないので、早目の出立早目の下山を心がけたいです。小仏峠でバスを20分ほど待ってバスで高尾駅まで行き無事帰宅と相成りました。

人と会うこともほとんどなくて、陣馬山小仏峠間をほぼ独り占め的な素敵な一日でした。
 

ギンスジツユクサ

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時34分14秒
返信・引用
  今まで蘭小屋で勝手に生まれてくる斑入りツユクサの中で、これが一番柄がきれい  

丹頂草・赤葉

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時32分26秒
返信・引用
  タンチョウソウの赤葉です。
 

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時30分44秒
返信・引用
  > No.766[元記事へ]

オトメギボウシ白水は自作出品
 

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時29分40秒
返信・引用
  > No.765[元記事へ]

羅紗チャボ照り葉黒軸黒鞘
 

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時28分13秒
返信・引用
  > No.764[元記事へ]

羅紗チャボ紺中斑の武蔵
 

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時27分12秒
返信・引用
  > No.763[元記事へ]

オトメギボウシ龍猛
 

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時26分15秒
返信・引用
  オトメギボウシの龍樹。  

Re: このギボウシ良いよ!

 投稿者:静吉  投稿日:2018年 7月22日(日)19時24分29秒
返信・引用
  > No.761[元記事へ]

画像だけで楽しんでおくれw
 

レンタル掲示板
/14