LPA-Japan



カテゴリ:[ 趣味 ]


26件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[28] 高田さんへ

投稿者: 酒井健一 投稿日:2018年 3月 3日(土)17時36分48秒 222-151-129-210.jp.fiberbit.net  通報   返信・引用

3月3日の午後から星野道夫展身に行つて来ました、アラスカの雄大なツンドラ大地を移動するカリブーの群れ
、迫力満点のザトウクジラ、ムース、白熊、グリズリー、ブラツクベアー等これでもかと迫つてくるこれぞネイチャーです、エスキモ-の暮らしも良し又カヤック、ニコン、アサペン6×7そしてブーツ展示してました在りしの姿浮かばれます、500ミリ~1000ミリのレンズ多用し見事でした、一冊買つて満足し帰宅しました。





[27] Re: 裏門へ廻ってみる

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 2月23日(金)19時37分52秒 nthygo042220.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

裏門へ廻ってみる (改)
 沢山の人が訪れる表門からではなく、ぐる~りと大回りして裏門から覗いてみる。
そこには一味違った面白い光景が展開しているかも知れません。
 正面から眺めれば、まぁ一応美しくてちょっと感動する景色です。臍曲がりにはそんなの「在り来り」で「退屈」。
 画家が絵を描くとき、在り来りの素材に時間をたっぷり掛けて、色、光、形、大きさなど想いを膨らませて感性の赴くままに誇張し、省略し、また補完し、まさにアートとなります。
 それは繰り返し描いてきたデッサンで、ものの感じ方、見方を自身のものとして「構成と描画」を習得し、与えられた空間をより良く魅力的に構成できる様になることが必須条件。描画が出来て構成が出来ないと作品のレベル向上はないと云うことです。
 吾が写真 photo-graph光画は、光が描く物理的、化学的現象を利用した描写です。見えたままシャッターボタンを押すだけ。後はあなた任せ。の描写を繰り返すところには、アオリなんて小技を使っても、絵画のように思うままに個性を押し出し、奔放に技を駆使して作品のレベルを向上させるとなんて云うのは無理な話しです。
絵画は絵画。写真は写真。別ジャンルなんですが、一段格下に見られているのは残念なことです。
さて、風景を撮るとき、『推奨撮影ポイント』から撮影していると、
「何処かで見たことあるなぁ」、
「誰かも撮ってたね。」
「撮ってくださぁ~い♪」
  とばかりのポーズに惑わされて、
  つい撮らされた なんて事に
  poseは此方から取らせるもの。
また、映像というものは、要素を詰め込みすぎると結局何が言いたいのか・・・。シンプルなメッセージに絞って、「退屈さ」と無縁の「刺激的でおもしろい映像」を伝えなければ。
それじゃ?・・・
・推奨ポイントは敬遠する。
  その横や後に意外なものが。
  アングルを大胆に変化させる。
・三脚の多い所は兎に角やめる。
・手ぶらで歩き回る。
  思わぬ光景に遭遇するかも。
・珍奇な絵を設計しよう!!
・北斎や広重流もいいですね。
  大和民族の芸才は凄いんです。
普通じゃ駄目なんです。
 陳腐なんです。習作なんです。
『わたし失敗するので !! 』
   はDr.Zのセリフ。
ミスっても 実験だ misッても!!
いつか記念写真から抜け脱して、
  アートの域に近づくかも。
しかしやり過ぎるのも息が詰まるし、
美しい風景を否定するものでもなく、
  いろいろ自問自答しています。
        (了)




?添付写真は何れも4×5で多重露光。

『月光風景を写す実験』
     と
『吹きすさぶ霙を写す実験』



[25] 堺市立東文化会館

投稿者: 酒井健一 投稿日:2017年 6月19日(月)13時40分47秒 222-151-129-224.jp.fiberbit.net  通報   返信・引用

6月18日藪氏の個展見に行つて来ました、見栄えのする上品で綺麗な作品展でした、作者のご苦労に敬意を表します、作品としては大判写真展に出展願いたい作品10点余り有りましたが自分としてはもう少し迫力と自然の荒々しさがほしかつたきがします、それと縦位置の作品見たかつた、又機会あれば見に行きたいです宜しくお願いもうし上げます。でも日本大判写真家協会の諸先輩の方々の作品の方が上だと思いました(ここだけの話です口幅つたいことゆうて済みませんでした)。



[24] 暗室設置工事が完了しました

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 5月 2日(火)21時17分54秒 nthygo040023.hygo.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

3月末頃より工事にかかっておりました暗室が完成。
暗室の広さは約15畳、設備機器は
引き伸ばし機 4×5カラー用1台、4×5モノクロ用1台、67用2台、8×10モノクロ用1台の合計5台、
プリント乾燥機1台、薬液バット4切り用、全紙用、その他プリント作業関連機器・・
と可成り充実した暗室となりました。
設置場所は神戸市兵庫区内 JR兵庫駅から徒歩15分、高速新開地駅から徒歩10分。
4月末現在会員数 6 名。興味のある方は事務局まで連絡して下さい。



[23] バイテン引き伸ばし機その後

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月21日(火)15時43分3秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

以前、機械類を処分する時に取り外して残していた製版カメラのレンズの中から、
f:210mm/F:9と云う小型の物を見つけ、リンホフボードに無理矢理に取付けて
引き伸ばし機にセットしてみました。先日f:240mmを取り付けた時には
ランプハウスが、天井につかえて全紙大伸ばしが出来なかったのですが、
焦点距離で僅か30mmの違いは本体の伸長度に大きく影響して、
全紙までの引き伸ばしが卓上で可能になりました。
何れにしても大きくて天井にギリギリの寸法です。
全紙イーゼルに載っているのがフロートガラスと無反射ガラスを
利用したネガキャリアです。投影画面のセンターと四隅部分との
照度差は1/2EV弱に収まっていますが、少し周辺の焼き込みが
必要となるかも知れません。
垣内さんのバイテンのネガをお借りして、
試し焼きをしてみたいと思っているところです。



[22] バイテン引き伸ばし機のテスト

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月12日(日)23時43分47秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

【最終日】
 バイテンの引き伸ばし機を暗室に持ち込んでテストをしてみました
・光源は 80W相当のLED電球を5灯装着しました
・レンズは ニコン f:240mm F:5.6
・ネガキャリアは 前回と同様に2mm厚のガラスを使う

 デスクに置いて全紙サイズまで伸ばそうとしますと
 天井につかえてNGでしたので床に降ろしてテスト
 ところが今度は支柱の長さが少々足らず小全紙程度までしか伸びません
   これはヘッドを逆にしてデスク上から床面投影で対処します
   そうすれば 5×7の全紙焼きにも対応出来るでしょう
・次にジャバラをいっぱいに伸ばして「縮小機」に成るか否かをテスト
 バイテンをキャビネサイズまで縮小出来ました
   縮小って 何の意味があるの? なんかあるでしょ!
・投影画面の照度を測ってみましたら
  F:11 でセンターと隅で半絞りの差が
  F:22 まで絞ると大体均一に
   やはり大判用レンズは F:22で設計されているのですね
・ジャバラの数か所に薄っすらと光線漏れが見受けられます・・
  ボールペンでの筋付けが強過ぎた箇所です
   パーマセルテープの出番です
要するにこの程度の工作物でも、十分に実用になりそうと云う事でした
本番のネガで試してみたいものです・・・
   (残念ながら バイテンのカメラは持っておりません)



[21] バイテン引き伸ばし機製作完了

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月10日(金)20時50分34秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

【8日目】
本日 一応の "完成" をみました

・試運転は未だ出来ておりません
・支柱の強度・高さが足りません
  使いながら再考する 木柱・チャンネル鋼を?
・光源を一灯で行くか 五灯にするか それとも・・
  試運転をしながら"照度斑"を確認・・
・レンズは 250mm  300mm ?? 300Φ以上必要
      :
      :



[20] バイテン製作7日目

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月 8日(水)19時11分24秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

引き伸ばし機製作は じわじわと進んでいます
今日 ホースマン45EX の残骸に組み付けました
ピントグラスの無い 8×10のカメラの完成です

これを ジャンクの支柱に取付けてランプハウスを
載せれば完成です
ランプハウスは未だ筐体だけで未完ですが・・・



[19] バイテン製作6日目

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月 7日(火)19時24分17秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

今日少し作業を進めました
写真を添付します
(1)ジャバラを本体にボンドで接着
  木工用ボンド未乾燥で白くみえています
(2)ホースマンのL型アームの不要な部分を取り外し
(3)L型アームを本体枠に取り付け

  大分見えてきましたが
  光源を何にするか もう少し考えてみます



[18] バイテン製作5日目

投稿者: 橋本雅由 投稿日:2017年 3月 5日(日)22時45分54秒 nthygo094162.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

【5日目】
ネガキャリア台(黒色塗装)の上に重ねるh300mm×w300mm×d300mmの散光筒を4mm厚のベニヤ板で作る。写真の鉛筆が挟まれている隙間が、ネガキャリアの挿入口となる。
後日、筒内を白く塗装の上、拡散板を取付け、その上に光源部を置くことになる。
散光筒と光源部は脱着可能にするように嵌め込み構造にして、ジャバラは最後にネガキャリア台にボンドで接着する予定。


レンタル掲示板
26件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.